クセはダメ

誰しも、クセの1つや2つは持っているもの。
「なくて七癖」とはよくいったもので、
人から指摘されて初めて気づく、なんてよくある話です。
が、無意識だからこそ、
時として知らず知らずのうちに誰かを不快にさせてしまっていたりして…。
女性がイラッとする癖を調べてみたところ、
第1位が『頻繁に舌打ちをする』というもの。
私の周りにはいませんが、女性でなくても不快になりますよね。
第2位は『鼻をほじる』。これは言わずもがなですね。
『貧乏ゆすり』は第3位で、
無意識でしてしまう行動の1つだと思います。
しかし、この貧乏ゆすり、血行をよくする働きがあります。
ただし、音を立てたり、人が近くに居る時にしてしまうと、
やっぱり煩わしいので、やめるようにしましょう。
この他にも良くしていると思われる『爪をかむ』。
衛生的に考えても悪いので、やめましょう。
ここら辺のクセは、互換を通じて不快感を与えるものばかりです。
女性は瞬間的に『不潔』『だらしない』と感じているといいます。
仕草や態度は、“言葉と同じくらいの影響力を持っている”といえます。
それが意図せず出てしまうクセこそ、
印象を大きく左右していると言うわけです。
とっさに出てしまうことなら、なおのこと直すように努力しましょう。
デリヘル体験ブログのhttp://www.northstarnet.org/とかhttp://www.cantedelasminas.org/とかhttp://www.thehumanfuture.org/を利用している人はたくさんいるでしょうが、
そこの女の子が抱く印象が悪いものだと、嫌だと思います。
だからこそ、直せるものは直しましょう!
自分自身を観察し、発見したクセを直そうと心がけるだけで、
印象は変ると思います。
それが、女の子と仲良くなる第一歩です。
頑張りましょう。

Comments are closed.